専門家に頼る

建ち並ぶマンション

不動産業界の中でも最も重要な役割を担っているのが、不動産鑑定です。不動産鑑定とは、住宅やオフィス等の物件の状態、もしくは一定の範囲の町並みを確認し、適正な地価や土地利用を算出する組織です。 主な活躍の場として、再開発する地域の選定や区画整理事業の設計、店舗の進出率が低い地域の活性化があり、一般家庭に身近なものでは買取価格相場の算出が挙げられるのです。また、物件の鑑定では不動産鑑定書の作成も重要な業務です。 さて、不動産鑑定は物件の買取業者の査定とは異なる性質があるため、専門家が主体となって関わっているのです。また、鑑定の依頼を受けるには国家資格が必要であり、国土交通省や都道府県に登録されている必要があるのです。

物件の価値を算出する不動産鑑定は、国土のバランスを保つ上で重要な役割を担っており、その社会的責任は通常の不動産業者よりも大きいものです。 そんな不動産鑑定では、多くの事務所が存在し、様々なサービスが存在しているのが現状です。 その中でも土地や建物の評価は最も基本的なサービスとなり、借地権、貸家権など、賃貸物件の権利についての評価が多いです。 その訳では、賃貸物件の特徴に住宅やオフィス問わず貸主と借主との意見が合わないことが多いです。そのため、お互いが納得できるように貸主と借主の権利について評価することが不動産鑑定の大切な役割です。 その他に、不動産に関するスペシャリストという立場でもあるため、物件についての悩み事を解決するのも重要な業務であるのです。